母の日。

お母さんに
「ありがとう」を伝える、

子供達(小さい子、すっかり大人)
から、「ありがとう」を
伝えられる。

どの立場でも
お母さんって、

自分が男性であれ、
女性であれ、

母に対する、
思い入れって
大きいのではないでしょうか。

動物の子育て
なんか見ていると
「いや~。。
人間よりすごい!」と
思ったり、

哺乳類だけでなく、
鳥でも同じで、

いつも、私は
仕事場の窓近くに
巣をかけて
ヒナ育てする
鳥さんを、
尊敬の眼差しで
眺めています。(笑)

とてもひた向きなので。。

さて、親子の関係ほど
濃いものはありません。

生まれた瞬間から
子供は生きていくために
母親の世話になります。

生きていくために
お母さんに、
愛されようと
尽くします。

生きていくための
本能です。

お母さんはいつも
小さな赤ちゃんを
生きていけるように
大事に大事に
世話するわけです。

そこに、
何にも矛盾はないのです。

親も子も
本能に突き動かされるのでしょう。

延々と、人間が
やってきたことでしょう。

その、原始からの
親子の産み、育てるが
滔々となされて
今のあなたがいて

また、次の世代、
そのまた次の世代へと
命を紡いでいくわけですね。

そんな命の流れの中で

お母さんも、
お父さんも
みんな未熟者。

それでも、一生懸命
命を産み、育てて
いくわけです。

確かに、親の未熟さ故に
子供は、混乱したり、
傷ついたり、
してしまいますが
未熟な親も
そうやって
育てられたのでしょう。

「誰のせい?」探しを
始めると被害者意識で
ストップしてしまいます。

それをするより

今、生きている自分に
どう生きたいかの
選択があることに
気づいた方が
幸せになれる。

なので、

今の自分に
命を紡いでくれた
お母さんに、大感謝。

たとえ、未熟な母であれ。

「母は、未熟者だなぁ」と
認識した時、
被害者意識が
何かに変わる。

「許し」になる人もあれば、
「感謝」になる人もあり。

「解放」になる人もあり
「自律」になる人もある。

結局、認識した時、
「未熟母、万歳」

(未熟母だったからこそ、
今の成長した
自分がいるとわかる、という意味)

になるという
妙な仕組みになっている。。。

なので、そのあとは、
次の世代に渡すものを
心を込めて
次の世代に渡していくだけ。

さて、あなたは、
どんな母の日を過ごしますか?

私は、
日本を旅行中の
長女と
お茶飲みスカイプをします。

ちょっと前に
娘が「母の日」の
お茶飲みスカイプ用に
おかきを送ってくれました。

「母の日まで、
とっておくわね」と言いつつ

私は、とても美味しそうな
おかきを我慢できずに
いくつか
食べてしまいました~。(笑)

でも二つ残っているので
それでお茶します。

では、今日も良い一日を~!

*~*~*

 

心の仕組みがわかり癒される
癒しのメルマガ登録はこちら

http://junkonz.com/癒しのメルマガ/

 

 

生きづらさ、インナーチャイルドが
できるカラクリがわかる
7日間無料音声プレゼント

http://junkonz.com/program/7daysprogram/

 

 

90日で未熟母に
傷つけられた心を癒す
オンラインプログラム
「己癒しプログラム」はこちらから

http://junkonz.com/program/iyashi/

未熟母との関係でできた
インナーチャイルドを癒す
インナーチャイルドワークはこちらから。
http://junkonz.com/program/innerwork/