突然ですが、

自己喪失、
摂食障害がやめられない、
子育てが難しい、
夫婦関係が上手くいかない、
中途半端ですぐ諦める、
生きる目的がわからない、
うつ、
朝起きれない、
仕事に行きたくない、
人間関係が辛い、
などなど、

 
世の中にはたくさんの
お悩みが
あるのですが、

 
これらのお悩みに
共通するキーワードは
「インナーチャイルド」
と言ってしまいますね。

かなり大胆な
発言だと思いますが。。

あえて言ってしまいます。(笑)

 

例えば自己喪失。

 

自分が誰であるのか
ようわからん。。

何か好きなのか、
何をしたら嬉しいのか
よくわからない。。

故に

人の言いなりになってしまう
欲しくないものを
買わされてしまう、

寝たくもない人と
寝てしまう。。

 

自分の体が欲しているもの、
食べたいものでないものを食べる、
ので、食べることが苦痛になる
食べれなくなる。
そしたらお腹かぐ〜っとすいて
食べたくないものも
食べれる量を超えても
食べることをやめられなくなる。

心も体調も悪くなる。。

なんて悪循環が
始まるのですね〜。

で、なぜ、
自分が誰なのかわからない、
自分の好きなもの、
好きなこと、が
わからなくなるのか?

 

単純に、
子供に、

 

「◎◎ちゃん何色が好き?」
と聞きます。

 

「あか」と言ったら
「そうか」と言って否定しない。

 

赤い服や赤い靴や
赤いカバンや
欲しがったら
「男の子だから。。」と
青にしないでを買う。

 

 

赤一色の絵を描いても
「他の色も使ったほうがいいよ。。」
なんて言わない。

 

否定しない。

 

赤一色の絵を眺めて
楽しむ。

という、単純なことを
やるだけで子供は
自分の好みがわかるようになるし
自己肯定感が育つのです。

 

親の
「男の子だから青の方がいいんじゃ?」とか

 

「赤だけの絵より、
他の色を使った方がいい点取れるんじゃ?」
という考えが

 

子供の心を傷つけてしまう。。

 

「そんなことで
子供は傷つくのですか?」って
びっくりしますか?

 

大人にとっては
大したことないと
思うかもしれません。

 

でも、「否定された」感じ
わかりません?

 

それでね、子供って
お母さん、お父さんに
笑顔でいてもらいたいのです。

 

可愛いでしょ?

 

でもね、なぜ笑顔で
いてもらいたいのかというと
子供は親が不安定だと
「自分の生存」に関わるのです。

 

本能です。

 

だから、生存のために
自分の好みを変えてでも
親に笑顔で育てて
もらおうとするのです。
そうしているうちに
本当は自分が好きだった
赤を忘れてしまうのです。

 

赤い靴を履いて駆け回る感覚、
赤いカバンに赤い筆箱を入れて
ルンルンで学校へ行く感覚、

 

真っ赤な情熱的な絵の感覚、
忘れてしまうのです。
じゃ、どうするの??

 

赤が好きだったことを
思い出すのです。
どうやって?
まず自己喪失である事に気付く。
何か大事なものが
否定された感情、
何かを諦めた感情を探って行く。
一体、何があって
どんな感情が動いていたのか?

 

そこを掘り下げて行くと

 

本当に大事だったもの、
本当に欲しかったもの、
そんなものが見えてきます。

 

それが見えた時、
【今の自分の責任として】
自分のものとして
取り戻す。

 

再び、自分のものとする。

つまり、
【自己の再構築】

 

そんな作業をするのが
インナーチャイルドワークです。

 

子供の頃の
心の傷は

 

上記のような
自己喪失はもとより
摂食障害がやめられない、
子育てが難しい、
夫婦関係が上手くいかない、
中途半端ですぐ諦める、
生きる目的がわからない、
うつ、
朝起きれない、
仕事に行きたくない、
人間関係が辛い、
の元になるのです。

 

次回から、一つずつ
探って行こうかと思います。

 

あなたの
お悩みはなんですか?

 

そのお悩みの元が
子供の頃の心の傷と聞いて
どんなことを思いましたか?

 

で、上記のような

 

自己喪失、
摂食障害がやめられない、
子育てが難しい、
夫婦関係が上手くいかない、
中途半端ですぐ諦める、
生きる目的がわからない、
うつ、
朝起きれない、
仕事に行きたくない、
人間関係が辛い、って

 

全く普通のお悩みで

 

私は全部体験してますし(白状)

誰でもそんな体験はあるのです。

 

ちょうど今、
一つづつクリアーに
文章にしたら
お役に立つかもしれないなと
思ったのです。
ではでは、今日も良い1日を〜!

 

90日であなたを癒す
己癒しプログラムはこちらから

http://junkonz.com/program/iyashi/

あなたをいやインナーチャイルドを癒す
インナーワークはこちらから。
http://junkonz.com/program/innerwork/