太ることに危機感を

感じたことがありますか?

 

私、子供の頃から

太っていると言われてました。

 

高校生の時、ブワッと

体重が増えました。

 

私は「太る」という言葉で

外見では「平気」を装っていますが(笑)

心の底では「反応」する言葉です。(笑)

 

太るのが怖くて食べれなくなる、

太るのが怖くて食べたものを吐く。

摂食障害と言います。

 

これは一つの依存症である

とも言われています。

 

つまり、

ドラッグや、アルコールのように

 

それがないと困る。

それを欲しがる。

そして後悔する。

でも、やめられない。

 

「それ」って食べ物

ってことですね。

 

摂食障害のきっかけは様々。

誰かに「デブ」と言われた、

失恋、

仕事のストレス、

痩せるためのダイエット、

色々あるのですが

 

もし!もし!

自己肯定感が高かったら

防げるのではないかと

私は思うのです。

 

摂食障害は

自傷行為と同じなのです。

拒食や過食で自分を

痛めつけているわけです。

 

自己肯定感が高かったら

自分にそんなことが

できるでしょうか?

 

摂食障害の人の

心の中には

深い悲しみや

自分の不十分さが

渦巻いているようです。

 

十分愛されたい

インナーチャイルドが

いるようです。

 

そこから癒さないと

いけないのかなと思うのです。

 

でも、そんなに簡単に

言ってしまえないものを感じます。

とても深い課題だと思うのです。

 

 

とはいえ、やはり

自己肯定感は

心身ともに健康であるために

必要なものなのですね。

 

あなたは健康に

食べていますか?

 

では、今日も良い1日を〜!

 

東京でセミナーします。

詳細はこちらから

東京セミナーのご案内

 

 

90日でインナーチャイルドを
見つけていやす
己癒しプログラムはこちらから

http://junkonz.com/program/iyashi/

あなたの心の奥に潜む
インナーチャイルドを癒す
インナーワークはこちらから。
http://junkonz.com/program/innerwork/