さて前回は

「相手が問題だ!」
思っていたのは

実は「わたし」の中に
抱え込んでいるものが
反応しているだけだった。。
という話でした。

そして、目の前の人が
何を投影してくれるのか
探ってみませんか?
ということでした。
うちの娘たちは
わたしの誕生日や
クリスマス、母の日には
心を込めて、頭をひねって
プレゼントをくれます。
それをね。。。

素直に受け取れない

わたしがいたの。。。

「こんなに無駄に
お金を使わなくても
いいのに。。。」とか
「これ、わたしには
派手すぎ。。。」とか
「え??SPCA
(飼手のいない
動物たちのシェルター)まで
仔犬を見つけに
行かなきゃいかんの?」とか
「チーズメイカー?
チーズを買ったほうが
早いのに。。」とか
もう本当に、
嫌な母なのです。(苦笑)

「こんなのくれても困るな〜」とか

「もうちょっと簡単なのが
いいのに」とか

思っちゃうのです。。。
素直に「ありがとう!」って
喜べよ!!!!
素直にSPCAに行って
一匹仔犬を連れてこいよ!
素直にチーズ、作ってみろよ!
なんで?なんで?
素直に受け取らないの???
ですね。。。
でね、
わたしが深〜く信じていること
「わたしは何か良いものを
受け取る価値がない」

「安くて、簡単がいい」

「わたしにはそういうものは
いりません」

「もらってはいけない」

「そう簡単に何か
もらえるわけがない」
などなど
子供の頃
何か欲しいものを
買ってもらえなかった体験

もらうことを良しと
されなかった体験

母へのプレゼントを
喜んでもらえなかった体験

など元を正せば
母との関係からの
子供の解釈と

受け取って
もらいたかったのに

受け取ってもらえなかった
気持ち。

受け取ってもらいたかった
気持ちというのは

単に「これが欲しい」
というだけでなく

「これがあったら楽しくなる」
「これが好き」
「こんな世界が面白そう!」
などワクワクのタネ。。

なのでした。

あ〜、
こんなくだらないことで

娘たちのわたしへの愛を
拒否するわけ〜???

ですよね。
あなたも心辺り
ありませんか?
玄関で靴を揃えない
家族への苛立ち。。。

探ってみれば

子供の頃、
厳しくできないことを
責められた想いとか。

予想もしなかった
子供からのお花の
プレゼントに
「なんで??」
「どこから??」
「どうやって??」
と尋問。。

探ってみれば
「筋道の立たないことは
ダメですよ」と
夢をワクワク話した時に
否定された想いとか。
あなたの中にも
あるのでは?

それを見つけて
その思いが今の家族や
人間関係に
どう影響しているのか?

見ることができますか?

見えたら、
そのまま、同じことを
続けますか?

それとも
「これ、いらない!」
と手放して

目の前の人の
あなたに伝えたい心を
素直にそのまま受け取る。

目の前の人に
あなたの伝えたい心を
素直にそのまま伝える。

お試ししては
いかがでしょうか?

変化はあなたから。

変化の選択は
あなたの力。
今日まであなたは
何を信じてきましたか?

それが問題の
元になっていませんか?
何かピンときたら
シェアしてくださいね。

お返事しますから。
あなたの心の奥に潜む
インナーチャイルドを癒す
インナーワークはこちらから。

インナーワーク