今日もNZは寒〜〜〜い!

昨日は私の
子供の頃の例で

父から置いてきぼりにされた
体験からできた
未処理の感情が
インナーチャイルドを
作る原因になる
ということでした。

その未処理の感情から

「お父さんはお兄ちゃんが
大事だけど
私のことは大事ではない」

「お母さんも
私のことはどうでもいい」

「私は一人でいればいい」

「誰も私を大事だと
思ってくれない」

「男の子は女の子より
価値がある」

「私はいなくていい」

などという
子供の解釈を作り上げ
深く信じてしまうのです、
ということでした。

さて今日は、
その子供の解釈を信じていると
どうなるか!?
上記の解釈は

●「愛?そんなもの
あるわけないのよ。」

●「誰も私を愛してくれないの」

●「みんな、私のこと、
嫌いなんじゃないかしら」

などという
超メロドラマチックな
インナーチャイルドが
出来上がります。
そして
●「誰もわかってくれない。。」

●「どうせ私なんて。。。」

と悲嘆にくれ、いじけた
インナーチャイルドもできます。

または
「私は価値がない。」と信じていると
●意見を持とうとしない

●存在しようとさえしなくなる

透明人間願望の
インナーチャイルドができます。


こういう
インナーチャイルドたちを
潜在意識の中に
抱え込んだ状態で
大人になって
世の中に出て行くのです。

そうするとどうなると思います?

想像してみてくださいね。(笑)

続きは明日書きますね。

もしかしたら、もう
あなたの中にいる
インナーチャイルド、
チラッと見えたりしてますか?

では今日も良い1日を〜!
90日でインナーチャイルドを
見つけていやす
己癒しプログラムはこちらから

己癒しプログラム


ストレートに
あなたの心の奥に潜む
インナーチャイルドを癒す
インナーワークはこちらから。

インナーワーク